中国の携帯電話事情

中国上海市旅行<

Cell Phones In Chaina

空白画像

賽迪顧問(CCID)と通信産業研究センターが共同で『2008-2009年中国携帯電話産業調査レポート』を出している。邦訳はファーイースト・パートナーズ株式会社だ。34万円もする非常に詳細なレポートで,企業の戦略担当者たちにとっては必読のレポートかも知れない。内容は以下の通り。

--------------------------------------------------

『2008-2009年中国携帯電話産業調査レポート』

形式: PDF(A4)、50~80頁
作成 者:賽迪顧問(CCID) 通信産業研究センター
研究分野:中国携帯電話産業チェーン、デザイン設計、販売チャネル、部品メーカー、携帯電話会社等
取扱企業:中国移動、中国聯通、中興、ノキア(中国)、モトローラ(中国)、テキサスインスツルメンツ(中国)、ルネサス・テクノロジー(中国)、東芝(中国)、明基(中国台湾)、華冠、宏達、 MTK(中国台湾)、SIMCom(中国)、LongCheer(中国)、聯想、TCL、徳信無線、天音通信、迪信通、国美、中郵電器等
価格:¥340,000(日本語版)
納期:①10営業日(未翻訳の場合)、②即納(翻訳済みの場合)
邦訳者:ファーイースト・パートナーズ㈱

目次
総論
重要な発見
一、 2008年世界携帯電話産業発展概略
1. 現状
①産業規模と成長
②産業構造
③産業転移
2. 特徴
3. 主要国家と地域
①米国
②EU
③日本
④インド
二、 2008年中国携帯電話産業発展概略 
1. 現状
   ①産業環境
   ②産業規模と成長
   ③産業構造
   ④産業利益レベル
   ⑤産業投資
   ⑥産業イノベーション能力
   ⑦対外依存度
  2. 産業の特徴
  3. 主な省・市の発展概略
   ①北京
   ②上海
   ③深セン
   ④天津
三、 2009-2011年中国携帯電話産業発展予測
  1. 影響を与える主な要素
   ①プラス要素
   ②マイナス要素
  2. 2009-2011年中国携帯電話産業規模予測
   ①携帯生産量規模
   ②携帯販売規模
  3. 2009-2011年中国携帯電話産業構造予測
四、 2009-2011年中国携帯電話産業動向分析
  1. 技術の進歩
  2. アプリケーションの刷新
  3. 産業の進歩と変遷
  4. 代替品
五、 中国携帯電話産業チェーン分析
  1. 中国携帯電話産業チェーン構造
   ①産業チェーン概要
   ②特徴
  2. 産業チェーンの発展動向
   ①ライフサイクル分析
   ②バリューフロー分析
   ③発展手段と動向
六、中国携帯電話産業チェーン競争力分析
  1. 携帯電話主要パーツ企業
   ①チップ
   ②メモリチップ
   ③LCDモジュール
   ④OS
  2. 携帯電話デザイン企業
   ①マザーボードデザイン企業
   ②ODMデザイン企業
  3. 携帯電話OEMメーカー
   ①ODMメーカー
   ②OEMメーカー
  4. 携帯電話ブランド
   ①ノキア
   ②モトローラ
   ③サムソン
   ④聯想
   ⑤ソニーエリクソン
  5. 携帯電話販売企業
   ①代理店
   ②小売店
  6. モバイルキャリア
   ①中国移動
   ②中国聯通
   ③中国聯通
七、2008年中国携帯電話輸出入分析
  1. 取引状況
   ①輸出入総量
   ②ソフトウェア輸出入の特徴
  2. 輸出
   ①主な商品の輸出状況
   ②輸出構造分析と警告
  3. 輸入
   ①主な商品の輸入状況
   ②輸入構造分析と警告
八、賽迪顧問(CCID)からの提案
   ①政府への提案
   ②「川上」企業への提案
   ③ブランド企業への提案

表目次
2000-2008年世界携帯電話市場生産量と伸び率
2000-2008年世界携帯電話市場売上量と伸び率
2008年世界携帯電話産業構造
2008年中国携帯電話産業構造
2008年主要ハードウェアプラットフォームメーカー商品分析
2008年中国市場スマートフォンOS競争構造
2008年中国市場携帯電話輸出分析
2008年中国市場携帯電話輸入分析

図目次
2000-2008年中国携帯電話市場生産量と伸び率
2000-2008年中国携帯電話市場売上量と伸び率
2000-2008年中国携帯電話市場輸出量と伸び率
2000-2008年中国携帯電話市場販売量と伸び率
2008年中国携帯電話産業チェーン構造
2008年中国携帯電話産業チェーン各ポイント利益状況
2008年主要ブランド携帯電話販売量と伸び率
2009-2011年中国携帯電話市場販売量予測と伸び率
--------------------------------------------

バブル世代の接待というものは常軌を逸した面があった。今や互いに共同購入クーポンを買ってお茶を濁す付き合いが横行する世の中だ。